生え際後退に育毛剤は効くか?中学校時代から薄毛のタケルの一言 > 年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も

生え際後退に育毛剤は効くか?中学校時代から薄毛のタケルの一言

生え際に効く育毛剤があるらしい。でも食生活や日頃の心がけで抜け毛や後退をおくらせることは可能なのだ!中学時代から抜け毛、薄毛に悩むタケルの育毛日記。

最終更新日:2017/04/23

年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も

年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も出てきます。例えば、薄毛の進行や抜け毛の増加など、毛髪に関係するものがあります。

加齢、遺伝、不規則な生活や偏食、ストレスなど、原因になりそうなことなら、色々と考えられます。

ちなみに、薄毛を気にしすぎて、多大な精神的ストレスを抱え込み、薄毛がさらに進んでいく、という人もいます。

それはさておき、最近、育毛効果がとても高いと言うこともあって知られ、熱い視線を浴びているのがプロペシアです。

これは男性型脱毛症の治療に使われる、れっきとした医薬品です。

効果は非常に高い薬ですが、強い薬であるだけに、副作用の心配があります。頭も皮膚に覆われています。カチカチの皮膚だと、毛が生えにくいといわれています。頭部の血行が悪いと皮膚が硬くなるのです。

しっかりした毛を育てたければ、頭皮のことも考えましょう。

頭部の血管を柔らかくし、血液循環をよくすると頭皮は柔らかくなり、太くてつややかな髪が生えてくるようになります。そして、しなやかな血管、さらさらの血液は全身にとって大切ですから、無理なく続けられる運動をしたり、血液循環を良くする食材などを食べるのもオススメです。

いろいろな種類の育毛剤が販売されている現在。

その成分をよく見てみると、配合成分としてエタノールを含んでいる商品も少なくありません。

エタノールが含まれる理由として、抗菌作用や大事な成分を頭皮にしっかりと浸透するように手助けをすると見込まれています。しかしながら、副作用として痒みや炎症などの症状を訴える人もいるので、体質に不安がある人は使用を控えてください。頭髪を増やそうという際には、亜鉛は必須栄養成分となりますが、その摂取量は、毎日15ミリグラムが一日の量となります。

吸収率が亜鉛は良くないほうなので、一日あたりの摂取量が50ミリグラムの人もいるみたいです。

しかし、同時に多量の亜鉛が摂り入れられる場合副作用、たとえば頭痛を引き起こす場合もありますので、お腹が空いている場合は除いて何回かに分けて身体に入れてください。すでに育毛のために頭皮マッサージをしている人にお薦めしたいのは、椿油を使ったスペシャルケアです。椿油には匂いや色のある未精製油と、無色・無香に近い精製油があります。

未精製のほうが高い効果を得られるという意見もありますが、精製油のほうがより一層刺激が少なく、アトピー肌のケアにも使われています。

こうしたケアに椿油が使われ一定の評価を得るに至ったのは、入手しやすさもさることながら、豊富なオレイン酸の含有量によるところが大きいでしょう。

オレイン酸は熱や光によって変質することがない液体なので、ワセリンなどの固形油の使えないところでも使えるという自由度があります。

シーズンを問わず利用できるので、継続的に使うことができ、頭皮をやわらかくして状態を整えるほか、洗髪後の地肌の潤いを長くキープして、頭皮が本来持っている回復能力が充分に発揮できる土壌を作る効果があります。

頭皮の状態改善に対しては比較的早く効果が出る点もわかりやすくて良いですね。

肌トラブルや老化の原因となる過酸化脂質の分泌を抑える効果もあるのですみやかな頭皮の健康維持につながり、育毛に貢献するでしょう。忙しくて時間をとれないときには、マッサージではなく、高温調理などでも酸化しない特質を活かしてトリートメントとして使うと、乾燥時のドライヤーの熱から髪を保護し、スタイリング剤を使用しなくてもまとまりやすい髪になります。

櫛で梳かした際に大量の抜け毛に驚いたのなら、アルコールの摂取は控えるようにしましょう。アルコールは私たちの身体に有害な成分なので飲酒後には肝臓で違う物質に分解処理されるのですが、その過程で、髪を成長するために必要な栄養素が使われてしまいます。本当だったら育毛に使う予定のエネルギーが飲酒によって奪われ、不足すると、頭皮が栄養失調に陥り、はらりと、抜けてしまうのです。

薄毛の要因になる抜け毛。

これは地肌の健康が損なわれたり、栄養が偏っているときに起こることです。

健康な状態を回復できるように育毛剤を使うわけですが、使用前との違いを実感できないと言って、早いうちに使用を中止してしまうケースもあるようです。個人差はあるものの、肌にも発毛にも周期というものがあり、育毛剤を使ったからといって効果が短期間では得られません。

健康な地肌の人ですら、発毛には周期というものがありますから、半月程度で効果が現れることはまずないでしょう。

だいたい3、4ヶ月くらいで効果の有無やレベルが判断できるのだと思います。また、育毛剤を使用する際は、生活習慣の改善も必要不可欠なことです。

より良い効果が得られるよう、できる範囲から努力していきましょう。

育毛に良いとされる食品は色々あり、時折ゴボウ茶が効くとされる場合もあるのですが、それはきっと、ゴボウ茶を飲むと血行が良くなるからでしょう。

ゴボウ茶の成分を見ると、タンパク質やビタミンといった、育毛に役立つとされる成分は、あまり含まれてはいないのですが、でも、血行がよくなることで、頭皮の毛細血管にもきちんと栄養が行き渡り、抜け毛など、頭皮のトラブルを防いでくれるでしょう。

そしてまた、ゴボウに含まれる栄養素には、他の野菜よりとても豊富な食物繊維を含み、皮には抗酸化作用のあるポリフェノールが多いです。これが、悪玉コレステロールを分解し、血液の健康に役立つ働きをします。

こうやって血液が健康になることによって、血行の改善につながり、ひいては頭皮の健康に繋がっていくというわけです。

「育毛」という言葉はよく耳にしますが、実際には何歳くらいから始めるべきなのでしょうか。実は早く始めれば、その分だけ早く結果を出すことができます。父や祖父と同様に自分も薄毛に悩んでいますが、特に気になりだしたのは十代からでした。

このような人がいらっしゃることから、できるだけ早いうちから行動しましょう。ネット等で様々なヘアケアが紹介されていますが、あれこれと手を出すのではなく、大事なのは「自分に合った」「正しい」手段を選ぶことです。

普段の生活の中で癖となっている習慣を見つめなおす、髪の毛・地肌へのダメージを減らすなど、今の時点で薄毛に悩んでいないという若いあなたも、今から育毛に取り組むことはあなたは「やっておいてよかった」ということになるでしょう。やってみると簡単だった、意外とスムーズだったというクチコミを辿っていくと、それなりに上手に成功のためのツボを抑えているようです。

育毛にだってコツがあります。

誰にでもできるのは「抜け毛を減らして薄毛の進行を止める」ということです。

まずはその原因を見つけて改善することです。

原因がひとつなら簡単ですが、複数の生活習慣が絡み合っている場合もあり、個人で対処できるものもあれば、皮膚科での治療が必要なものもあります。ですから、まず見つけることが肝心ですね。

それから対処していくのです。最新の育毛剤や評判が良い治療を試したり、どれだけプラスの行為を行っても、抜け毛の原因となっている生活習慣をそのままにしていると、育毛の効果は得られにくく、もし効果が得られたとしても満足のいくものではなくて、また別の育毛方法を探すという悪循環に陥っている人もいるようです。

マイナス要素をできる限り減らしていきながら、プラスを重ねていくことが育毛のコツと言えるでしょう。皮膚科でAGAのポスターやパンフレットをご覧になった人もいるかもしれませんが、育毛の効果は頭皮や髪が健康な人ほど現れやすいです。早めの対策がカギと言えます。

清潔にしようとがんばって行っている洗髪が抜け毛の要因であるケースも少なくありませんので、シャンプーやリンスは使わないで、湯シャンで洗髪することによって、育毛がはかどるかもしれません。

湯シャンを行なう前に、丁寧にブラッシングをします。

それからぬるま湯でもって、頭全体を流し洗いし、その際は力を込めてゴシゴシ洗わず、お湯によって毛穴を広げて汚れを落としていくようなイメージで進めるのが、湯シャンの時のコツかもしれません。洗髪剤を使わず、お湯だけで汚れが落とせるのか心配になりますが、お湯の洗浄力はかなり強く、むしろ皮脂の落としすぎに気を付けるためにお湯の温度はぬるく感じるくらいにしておきます。

洗った後は、リンスがわりにクエン酸、お酢などをお湯にとかして使うと、髪がキシキシと固い感じにならなくて済みます。育毛剤を半年から1年近く使用してみて、効果が実感できない場合は違うものを使ってみた方がいいかもしれません。ただし、1ヶ月とか2ヶ月で実際に育毛効果が得られないからといって使用を止めるのは、あまりにも急すぎです。

副作用が出ていない状態であれば、6ヶ月くらいは使うようにしてください。

ご存じ育毛剤の目的は頭皮の状態を整え、髪の毛がよく伸びるのを促進するために使われるものです。

育毛剤の成分には頭皮の血行を促進したり、髪の毛の育成になくてはならない栄養素が配合されているのです。同様の効果を全ての育毛剤に期待できるわけではないでしょうし、合う合わないということはその人によって違うでしょうから自分に良いと思われる育毛剤を適切に選ぶようにできることが大事です。

半年くらい試してみて気長に試みることがいいでしょう。飲み物というのも薄毛に無関係ではありませんし、ぜひ見直してみてください。可能であれば、ミネラルウォーターを飲む頻度をあげるようにした方がいいです。手軽で経済的な水道水には塩素などが入っていますから、健康な髪の毛が育つのを妨げる恐れがあります。

性能の良い浄水器を使えば、塩素などの不純物は取り除けますが、できることなら、ミネラル豊富なミネラルウォーターを飲んだ方がいいです。それと、育毛のためには糖分の過剰摂取は避けた方がいいですから、糖分がたくさん入っている清涼飲料水などはできるだけ控えてください。未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が多いようです。そういう商品を使っていた人が身近にいたりすると、やむを得ないかもしれません。育毛剤に付属していたブラシの専用ヘッドでなら効果があるのかもしれませんが、普通に頭皮をブラシで叩くと根拠がないばかりか、薄毛を促進しないという保証はありません。

頭皮は子供の頃から髪で守られており、むき出しの腕や顔に比べて繊細ですから、ブラシのように重さのあるもので叩いたら、地肌や毛根を傷めて、育毛や発毛にとっては大きな損失になります。

そんなことより効果的なのは頭皮マッサージですが、シャカシャカすると男らしい感じがしますし、ときどき爪が当たる感じも気持ち良いですが、うっかり傷をつけてしまうことも多いので、過度な負担をかけないようソフトに行うのがコツです。

薄毛や抜け毛には、遺伝や男性ホルモンの影響のほか、複数の因子が関係していると考えられますが、大きな要因としてあげられるのはストレスでしょう。対処しきれないほどのストレスを短期間に受けたり、長期的に過酷な状況に晒されると、休息しても回復が追いつかず、自律神経の乱れにより血行不順が生じ、消化機能や免疫機能がうまく働かない状態になってしまい、風邪をひきやすくなったり表皮のトラブルが生じやすくなります。忙しい時に眠らなくても大丈夫という人もいますが、実際には睡眠スイッチが正常に働かないため、眠れない(眠っても浅い)状態です。

そのような状態では抜け毛が増え、育毛剤が効きにくい体質になっていることが考えられます。困難に対処する能力は素晴らしいものですが、ずっと頭がかかりきりにならないよう、終わったことは忘れたり、受け流すようなスキルを身に着けたいものです。あなたにとって効果的なストレス解消法があるのならそれをする時間を意識的に増やすほうが良いでしょう。ストレスからの回復をあまり後回しにしないことも大いに助けになるでしょう。

薄毛や抜け毛で相談に来られる方のなかには、体質的なものではなく、栄養の偏りが原因になっているパターンも多く見られます。

栄養素が不足していると肌の免疫機能が損なわれ、頭皮など汗をかきやすい部分のトラブルにつながるだけでなく、毛が細くなったり、抜け毛が目立つようになってきます。

昼食が外食中心であったり、外での飲食のおつきあいが多い方、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、食生活を見なおして、改めていくほうが良いでしょう。

健康的な地肌と髪のために充分な栄養をとっていきましょう。薄毛を改善したいと思った時に意識することは、毛髪や頭皮を綺麗に保つことだったり、食事、睡眠時間の確保など、生活習慣についてがほとんどでしょう。

言うまでもなく、それらは大切なことですが、実は、寝る時の頭の位置も育毛に影響を及ぼします。

仰向けになるなら、左右の重みが枕に対して均等になるように意識したら、頭への血の流れが偏らないのです。また、横を向いて寝る場合だったら、重量のある肝臓が内臓全般を押さえつけることのないよう右向きで、寝返りしやすい低めの枕を使ってください。炭酸水には優れた健康効果があるほか、育毛効果があると言われています。飲んでも効果があるうえ、洗髪時に使うことでも良い育毛効果が得られ、低コストな方法なので、試してみる価値はあるでしょう。

炭酸水には硬水と軟水があります。

ミネラル分を多く含むものは便秘解消の効果がありますが、ふつうの人が摂取するとおなかを下すことがあるので、継続的に飲む場合はミネラル分を含まない炭酸水が良いでしょう。炭酸水を飲むと、消化を助け、血行促進するほか、サロンでのスカルプケアでも使われているので、実力は折り紙つきです。

自分で洗髪するとシュワシュワを感じるそうですが、人にやってもらうとあまり感じない人もいるそうで、それくらい刺激は少ないです。

炭酸水は血行を良くし、頭皮のキズを治す効果があり、大いに役立ちます。

洗髪に使うなら、専用のシャワーヘッドを利用するのが良いでしょう。

大きめのホームセンターや家電量販店でも購入できます。普通のバス用品コーナーにあったり、理美容機器のコーナーにあったりするので、お店で探しにくいという人は、大手通販サイトなどでも購入すると良いでしょう。自宅で炭酸水を作る機械も売られています。

こちらは普通に飲料としても使えるので、キッチンでも役立ちます。育毛には水分の摂取も欠かせませんから、プラスアルファのケアとして炭酸水を導入してみるのも良いかもしれません。

毎日髪をとかしている、という人は大勢いるでしょう。

でも、時間がないから手ぐしだけ、などという人も中にはいますし、髪をあまりとかさない、という人もいます。

髪をとかしたり、ブラッシングについて、大事だと考えない人が増えているのでしょうか。でも、もし「抜け毛がひどいかも?」と気になるようになってきたら、ブラッシングを行なうことを、考えてみてはいかがでしょうか。

正しく行なえば、頭皮へのマッサージ効果によって血行が改善しますし、適度な刺激を受けて、気持ちのいいものです。

丁寧に行なうと髪にツヤも戻るでしょうし、頭皮の血行がよくなったおかげで、髪もいい影響を受けるでしょう。ただ、ブラッシングによって、頭皮が傷ついてしまっては台無しですから、頭皮を保護する工夫が加えらえている、育毛用のブラシを使った方が無難です。

育毛は頭皮ケア無しにはありえません。頭皮ケアを正しく行えば、悩んでいた抜け毛が減り、健やかな髪が育つようになるでしょう。

でも、何が薄毛を引き起こしたかによって、頭皮ケアを行うだけでは効果が見られないこともあるので、原因をはっきりさせることが大切です。

薄毛対策は、早めに取り掛かった方が効果が期待できるので、頭皮のケアだけに絞るのではなく同時に様々な対策を行っていくことが大事だと言えます。

関連記事

メニュー

2009 生え際後退に育毛剤は効くか?中学校時代から薄毛のタケルの一言 All rights reserved.
▲ページの先頭へ